住宅ローン借り換え時の注意

- 借りる事できないケース

借り換え時の「住宅ローン減税」ここに注意 [住宅ローン・税金・住宅費用] All About
[税金・住宅費用] All About
住宅ローン借り換え時の見極め方
住宅ローン借り換え時の見極め方
No.1233 住宅ローン等の借換えをしたとき|所得税|国税庁
住宅ローン等の借換えをしたとき|所得税

更新情報

借りる事できないケース

住宅ローンにおける借換えは、どのような時にもできるとは限りません。ある条件を満たさないと貸してくれません。ローンなので当たり前の事なのですが。
ここでは、借りる事できないケースを見てみたいと思います。
<不安定な収入の時>
住宅ローンにおける借り換えというのは新たにローンの設定をして、今まで借りていた額を一括で返済してしまうというものです。
ですので、「住宅ローンでの借りる条件」を満たす事によって、借りる事も可能になります。
最初は、ある一定の収入が必要になってきます。
それは年収〜以上そして自営業か、またはサラリーマン若しくは公務員等の職業等、いろいろな審査が実施されます。
初めの借入では審査に受かっているので、安心と感じている方はいませんか。実際は今の状態で再度審査されるので、その結果審査に受からない事もあります。
しかし借り換えにおいては、借入総額がも減少するために、少しは収入基準も緩和さてきます。
<健康状態の問題>
住宅ローンを借りる時、普通は団体信用生命保険への加入も要件になっています。そしてその時健康状態が良くなければ、このような生命保険には加入はできなくなるのです。
それゆえ借り換えでの審査に落ちる事もあります。ですのでできるなら若いうちに借り換えをするほうがいいのです。
<返済の遅滞がある時>
ローンを借りる時は自身の信用度も高くなっていないといけません。ですのでローンに対する支払の遅滞があれば、信用度も低くなってきて、貸してもらえない事もあるのです。
そして同じ金融機関内において、1年以内の借り換えがある時は審査をしない事もあるのです。
<担保割れの場合>
ここが新規の借入とは違ってきます。住宅の価格も徐々に減少していくので、場合によれば借入金額と比較して住宅の価値が小さくなる事もあります。
こういう時は、もちろん審査にも受からなくなっていきます。

お得になるための条件

借り換えをする時には、ある条件を満たす事が必要になってきます。
「金利が下がればお得になるのでは?」と感じている方もいるようです。けれども現実は違うのです。
お得になるための条件とは…

  1. 今のローンの返済の期間が、10年以上ある
  2. 残額が1000万円以上になっている
  3. 借換え後の住宅ローンが1%以上下がっている

の3つになります。
<どうしてこういう条件が付いているのか>
このような条件を満たさないと、ローンにおける支払利息も減少しないからです。
これは、例えば10年で1000万円そして利率は1%で試算してみますと…その支払の利息はおよそ52万円になります。これだけの利息が減少するのです。
ちょっと見てみるととても大きな利点に見植えます。
けれども借換えをの時には、料金と手間もかかってきます。これを考慮したものが、上記の3つなのです。
<借換えで必要な料金>
借り換えの時には、・事務手数料・印紙代・保証料金等の費用がかかってきます。通常は30万円程必要になってくるのです。
そして何回も銀行に行って、相談したり手続きの手間を考慮すると、どうしても52万円程の利益がないと厳しくなってくるのが現実なのです。
しかし借換えの場合は、現在の借入れの銀行により、一定の保証料を返還して貰えます。そして最近では保証料を取らない機関もあるのです。
借り換えの検討をする時は、以上のような保証料もよく検討する事が必要になってきます。
保証料が低い事を見てみると、この3つの条件というのは、若干緩和して考えてもいいかもしれません。
最もこれら3つの条件は、固定金利によっての借り入れをしている方が多くなっている時の時代の事なのです。
現在では住宅ローン計画も充実しています。ですのでどの場合が得なのかは一概には言えないのです。
自らの状況に合ったものを検討して下さい。
優良住宅ローン シミュレーション シュミット君

Copyright(C)2013住宅ローン借り換え時の注意All Rights Reserved.